生涯教育研修セミナー

ご挨拶

慶應義塾大学医学部生涯教育研修セミナー委員会委員長
茂松 直之(62回 慶應義塾大学医学部放射線科学教室 教授)

慶應義塾大学医学部ご出身の先生方は、日々お忙しく診療・研究・若い先生の指導をお願いしていると思います。近年IT・AIなどを用いた日進月歩の医学進捗を修得し続けることは、非常に困難な状況だと思います。御自身のためだけでなく患者さんのためにも日々の研鑽堅さんは義務であると考えます。しかしながら、日夜診療に従事している臨床医にとって、それを継続することは、物理的に困難であると考えます。開設100年を迎えた慶應義塾大学医学部では、世界に冠たる医学を目指し、基礎・臨床医学の各分野は、秒の単位で新たな発見と報告を全世界に発信しています。しかしながら、残念なことに慶應義塾大学医学部の内部にいるものほどお互いの成果に触れる機会がなく、また直接同胞の講演を聴く機会もきわめて少ないのが現状です。

そのような状況の中で、「慶應義塾大学医学部生涯教育研修セミナー」は医学部同窓会を中心とする対象に対して、学内の医学の現状と発展を発信する唯一の企画と考えます。本セミナーは、三四会会員により構成される生涯教育研修セミナー委員会、慶應医師会、慶應義塾大学医学部三四会、慶應医学会、の4者の共催により年3回定期的に開催され、聴講参加者も学年(卒業回数)や専門科を越えて一堂に会する、まさに慶應義塾大学医学部全体の同窓会の様相を呈しています。本セミナーを卒業同期会あるいは専門科の同門会などとしてもご活用いただければと考えております。

多くの方々に本セミナーに積極的にご参加いただき、医学部の社中一致を心から味わっていただきたいと思います。

第127回慶應義塾大学医学部生涯教育研修セミナー

日 時 2022年6月25日(土)午後3:00〜6:00
方 法 Web開催
参加費無料・事前登録制(お申込多数の場合は先着順となります。)
詳細は、慶應義塾大学医学部Webサイトの以下のお知らせをご覧ください。
https://www.med.keio.ac.jp/news/2022/5/12/5-123715/index.html
講演会 『免疫異常がもたらす全身性免疫・炎症疾患』
モデレーター 
金子 祐子
慶應義塾大学医学部内科学教室(リウマチ・膠原病) 教授
  1. 「リウマチ・膠原病診療の進歩」
    鈴木 勝也
    慶應義塾大学医学部内科学教室(リウマチ・膠原病) 准教授
  2. 「成人の自己炎症性疾患の診断・治療・進歩」
    川上 純
    長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 先進予防医学共同専攻
    リウマチ・膠原病内科学分野 教授
  3. 「リウマチ学から見た、COVID-19〜コロナウイルス感染、ワクチンと免疫応答〜」
    近藤 泰
    慶應義塾大学医学部内科学教室(リウマチ・膠原病) 助教
問合せ先 慶應義塾大学医学部総務課内 生涯教育研修セミナー事務局
TEL:03-5363-3611(直通) E-mail:med-somu-3@adst.keio.ac.jp

生涯教育研修セミナー 過去の一覧【PDF 399KB】

関連病院会 クリニック情報 住所変更依頼 トップページへ戻る